トップページ > おすすめ一覧 >  錦糸眼科

錦糸眼科

錦糸眼科は、なぜ数多くあるレーシックが出来る施設がある中で選ばれるのでしょうか?まずレーシックといっても目の手術ということを忘れてはいけないと思います。

視力回復手術ですが、万が一のリスクはつきものですし、近視手術は、目の手術なので目のスペシャリストである眼科で手術を受ける事自体が、リスクの低減に繋がるのではないでしょうか。

近視の手術を受けるなら、信頼できる医療機関で手術するのがベストではないでしょうか。

レーシックを受ける人は一昔前に比べて大幅に増えてるそうです。ですが、視力回復の手術を安易に勧めてる医療機関もなくはないそうです。

錦糸眼科はレーシックの必要のない人に勧めるような眼科ではありません。信頼できる医療機関かどうか信用できない人は、是非、錦糸眼科に問い合わせてみてください。

近視の手術の結果に関わる設備

近視手術レーシックの結果に大きく関わるのがエキシマレーザーです。エキシマレーザーは、FDA(米国食料医薬品局)という医薬品や医療機器の認可を行う公的機関でエキシマレーザーの性能を公表しています。

錦糸眼科ではFDAでランク1位のエキシマレーザー、テクノラス217Z.100を使用しています。

 

錦糸眼科の費用

初診料1000円

検診料5000円

イントラレーシック エキシマレーザー・アレグレット 18万円

イントラレーシック エキシマレーザー・テクノラス 28万円

レーシック エキシマレーザー・アレグレット 12万円

レーシック エキシマレーザー・テクノラス 22万円

全て両目の金額です。

金額が変更されてる可能性もあるので、錦糸眼科のHPで確認してください。

錦糸眼科の詳細

 

このページのトップへ↑

執刀医の技術力

レーシックには執刀医の技術力が必要になるのは明白ですね。錦糸眼科の院長は、日本でも有数の執刀医ですが、海外でも高い評価を受けてます。

2000年 ゴールドハワード賞(ボストンの米国眼科学会で屈折治療における指導的役割が認めらました。これは、世界で25人、日本人としては初めての受賞です。)

2003年 イントラレーシックパイオニア受賞(アナハイムで行われた米国学会において、イントラテクノロジーの開拓者として名誉あるイントラレーシックパイオニア賞を受賞)

2006年 ワールドトップドクター受賞(サンフランシスコで開催されたASCRS(米国白内障屈折矯正手術学会)で、屈折治療の第一人者として日本でのイントラレーシック普及に多大なる貢献をしてきた功績)

2007年 ASCRS最優秀論文賞受賞(サンディエゴで開催されたASCRS(米国白内障屈折矯正手術学会)の角膜屈折部門の論文発表で、最優秀論文賞(BPOS Award)を受賞しました。)

 

このページのトップへ↑